彼の気持ちが分からなくて不安な時、どうしたらいい?

ゆめの心々先生 2019/06/11up

あなたは、彼の気持ちがわかりますか?

もちろん、他人の心なんて正確にわかるはずありません。

 

 

しかし、それでもふたりで生きることができるのは

信頼しあっているから。

 

 

 

 

しかし、彼の気持ちがわからなくて、

悩んで不安になってしまう人は多いです。

私の事、どう思っているの?

本当に私の事、好きなの?

そう悩んでしまう気持ち、わかります。

辛いですよね…

 

 

では、どうすればいいのでしょうか?

 

 

今回はそんな

「彼の気持ちが分からなくて不安な時、どうしたらいいか?」

を、ゆめの先生にお伺いいたしました!

 

 

 

 

◇ なぜ疑ってしまうの?

 

 

彼とは付き合っているのに「本当に私の事、好きなの?」と、どうしてその気持ちを疑ってしまうのでしょうか?

 

 

理由は自分に自信がなかったり、彼からの言葉や行動が少なかったり、過去の経験からなど様々だと思います。

特に過去の経験からという例では、自分が傷つくのが怖かったり、トラウマを抱えている方も少なくありません。

”以前の彼に浮気されていた。

遊ばれて捨てられた。

束縛したり大声を出したり、恐怖を覚える振る舞いをされていた。”

といったような過去がまだ自分に残っている…

そういったときは、過去の傷を癒し、囚われている自分を開放するのが一番です。

 

 

 

 

しかし特に決定的な原因がないのに、どうしても相手の自分への恋愛感情を疑ってしまう方もいらっしゃいます。

原因がはっきりしない分、それも苦しいお悩みです…

 

 

そういった数多くのご相談を受けてこられたゆめの先生は、3つの原因が大半を占めるといいます。

 

 

① 今の関係に満足していない

 

 

 

関係が悪いわけじゃないけど、何となく彼とうまくいっていない。

彼に対して、純粋な好き以外の気持ちより”なんとなくの不満”の方が多いと気がある。

二人でいても楽しくない。

 

そんな”何となくモヤモヤしているとき””いうほどでもないけど不満が溜まっているとき”は、結構ストレスがかかるもの。

 

そんな時に人は、知らずのうちに理由を探してしまいます

もしかしたらその理由を見つけようとする気持ちが「彼が私の事を好きではないからかも」と、彼への疑いに変わってしまっているのかもしれません。

 

 

 

② 浮気をすると思っている

 

 

 

彼の浮気を疑ってしまう原因は、2パターン。

1.過去に彼に浮気をされたことがある

2.自分がしてしまう、もしくはその可能性がある

 

1.に関しては、「男性は浮気をしてしまうもの」というトラウマの解消を進めていきましょう。

実は浮気する男性は、全体の3割にとどまるそうです。

10人いたら、3人しか浮気しないのです。

もっと多いと思ってましたね(笑)

ちょっと安心です。

 

 

しかし、2.に関しては、意識改革が必要になります!

浮気を過剰に疑ってしまうのは、「自分がしてた」あるいは「キッカケがあるともしかしたら自分もしてしまうかも」という気持ちがあるから。

要は「私もそうだから」ってやつですね。

 

「このまま彼の恋愛感情が感じられないと、他に自分が行ってしまいそう」という想いから、「彼は私を好きでいてくれているの?」という疑いが生じるんですね

その場合は相手ではなく、まずは自分の意識や気持ちを見直していかなければなりません。

 

 

 

③ 愛される意味を間違えている

 

 

 

愛されるという事を、

なんでもしてくれる、自分を望みを受け入れてくれる、欲しいものを与えてくれる

勘違いしてはいませんか?

 

それに反すると、「愛されていない!」と感じてしまっていませんでしょうか。

 

 

愛情表現は、ひとそれぞれです。

相手があなたを愛しているからと言って、あなたの発想や理想に合致した愛情表現を相手ができるとは限りません。

 

 

そして相手があなたに色々してくれるとしたら、それは”相手があなたに愛されるための行為”でもあるのです。

 

 

愛されたいから、なんでもする。与える。受け入れる。

相手もあなたに愛を求めている状態なのです。

 

 

”与えて与えられて、上手に受け取って”とうい関係が本当の愛ですよね。

そこがうまくいくように、お互いにバランスをとっていきましょう。

 

 

 

 

◇ 「私なんて」という思い

 

 

上記のような事を思い当たらず、経験や不信感を抱く理由がないのに疑ってしまうのは…

あなたの心から来ているのかもしれません。

 

 

 

 

心のどこかに、「私なんて」という気もちを持っていませんか?

自己否定をしていると、例え相手が純粋な好意を持ってくれても受け取ることができません。

 

 

”こんな私が愛してもらえるわけがない”

と考えてしまうと、

「他に目的があるのではないか?」

「好きと言う理由はなに?」

「何か私が知らないことがあるんじゃ…」

と、どうしても相手を疑ってしまいます。

 

 

そうなると、今後どんなに好意を寄せられたり良いことが訪れても、それを否定し続けてしまうでしょう。

その原因は、幼少期の出来事や今までの経験、もしかすると過去世なども影響しているかもしれません。

自分では見つかりにくいことが多いのでぜひゆめの先生に【霊感霊視】で見ていただいてくださいね!

 

 

 

 

◇ 疑う気持ちの払拭と自分の愛し方

 

 

いかがでしたでしょうか?

思い当たる節はありましたでしょうか。

 

 

上記の全てに言える事は”実際に愛されていない”というよりも、「愛されているかどうかを信じる事が出来ない」と疑ってしまう気持ちに原因があります。

 

その疑う気持ちの原因は、現在の関係であったり、過去の経験であったり、今の自分を肯定できないなど、いくつかのパターンがあるという事ですね。

 

 

 

 

疑う気持ち自分を愛せない理由は人それぞれにあり、苦しいものです。

なかなか、全員に有効!という都合の良い解決法なんてないですね。

 

 

しかし「彼の愛を受け取りたい、関係を深めていきたい」と努力される方に、ゆめの先生から1つのアドバイス☆彡

それは、

 

「こんな私を好きになってくれた

こんな私だから好きになってくれた」

 

この2つを心の中で想う事です。

 

 

「こんな私を好きになってくれた」は、彼への感謝の気持ちです。

好きになってくれた彼への愛情。

「こんな私だから好きになってくれた」は、自己肯定。

つまり、自分への愛情です。

 

 

この2つをバランスよく半分ずつ、自分の心の中で保てるようにしましょう。

この心の想いがふたりの愛情を育てていくのです。

 

 

 

 

そうは言ってもやっぱりうまくいかない。

どうしても気持ちが変えられない。

 

そういう方は、ぜひゆめの先生にご相談くださいませ☆彡

きっと苦しい胸の内を開放し、彼にもあなた自身にも受け入れられるあなたへ導いてくださいます。

 

皆さまからのお電話、心よりお待ちしております。。。