逆効果にご注意を!自分を好きになるための方法

ハナハル先生 2019/06/30up

 

「自分を好きになる」って、考えたことありますか?

 

 

「そんなこと考えなくても、私はもう充分自分が好き」

という人もいれば

「好きってどういう事?好きか嫌いかで言ったら…うーん」

と悩んでしまう人もいるでしょう。

 

 

 

 

しかし、スピリチュアル的に言えば”自分を好きになることは非常に大切なこと”でそれが「幸せな人生の秘訣」ともいえるのです!

 

全ての願いは、まず自分を好きになってから!

 

 

という事で今回は、そんな【自分を好きになる方法】をハナハル先生にお伺いいたしました☆彡

 

 

 

 

◇ 自信を持つために必要な自己肯定感

 

「自分を好きになる」には、色々必要な要素があります。

 

1つは、自分に自信を持つことです。

間違われやすいのですが、これは自慢ではなく、”自分を信じることができる”という意味です。

 

そして、自信を持っている人は”自分を肯定すること”ができます。

これが2つ目。

そう、この自信と自己肯定感は、自分を好きになるには絶対必要な感情。

 

 

 

 

この2つには、自信をつけることで自己肯定感を養っていくことができるという関係性があります。

 

しかし、これがなかなか難しい…

どうしてなんでしょうか?

 

 

では、この部分を難しくしてしまっている原因と対策をいくつか見ていきましょう。

 

 

 

①コンプレックスがあるから

 

 

 

 

人にはコンプレックス(自分の好きになれないところ)というものがあります。

今までの経験で人から指摘されてコンプレックスになってしまったところもあれば、自ら人と比べてコンプレックスになってしまった所も。

一つ嫌なところを見つけてしまうとなんだか気分が落ち込み、他のところまで否定するようになってしまいますよね。

しかし、ここで理解していただきたいのは”人はコンプレックスだけでできていない”という事。

キレイごとではなく、人には必ず「良いところ・魅力的なところ」があるのです。

それを探し、見つけ、受け入れることが克服のカギとなるでしょう。

 

 

②人に大切にされていない

 

 

 

人に大切にされていないと感じ、自分一人でがんばっていませんか?

でもそれ、本当に大切にされていないのでしょうか。

大切にされていないと思う時、あなたは人を大切にできていますか?

人は人の鏡です。自分の姿が映し出されるもの。

もしあなたが人を大切にしているなら、きっと相手もあなたを大切にしているはずです。

その気持ちにちゃんと気づいて、「私は人から大切にされて良いんだ」と自分のマインドを受け入れましょう。

 

 

 

③自分のことを好きな人なんていない

 

 

 

 

「私の事なんて、好きになる人はいない。」

そう思い込んでいるあなた。それは大きな間違いです。

人が好きになるのは、”自分の事が好きな人”なのです。

人が好きになってくれるから自分を好きになれる、のではなく、自分の事が好きだから人が好きになってくれる、が正解です。

また、自分自身を否定して嫌っている人を好む人は、その人を「利用してやろう」と企んでいることが多いです。

なので、そんな悪い人に捕まらない為にも、まずはあなたがあなたを好きにならなければなりませんね。

 

 

 

よくご相談者様に見受けられる理由が、おおよそこの3つに分類されるといいます。

 

 

当てはまる部分はありましたか?

 

もしあなたがこういったネガティブな思いを抱えているなら、ここを手放していくことから始めましょう。

これを克服し、自己肯定感を持つことが自分を好きになることの大きなポイントとなるのです!

 

 

 

 

◇ 「ダメな私」という入りはNG

 

そして、その克服の仕方も非常に大切です。

 

 

 

 

克服しようと努力する際、その最初が「ダメな私」という自己否定から入ると失敗してしまいます。

そしてそこから負のループに入っていってしまう事も珍しくないのです。

少し詳しく解説しますね。

 

 

 

「ダメな私ががんばって、ここまで成長できた!」

 

こんな言葉を、ドキュメンタリーやドラマなどで聞いたことはないでしょうか?

なんと健気で頑張り屋さん、不安の負けずに苦労したんだな~。という印象です。

 

 

しかし、これを目指して克服のイメージを立てるのはNGです。

 

 

入りがまず「ダメな私」と否定的に思っているとそれだけでも自分に対してマイナスのダメージを与えてしまいます。

脳が勝手にダメな私をインプットしてしまうのですね。

 

そうすると、克服しようとする過程で何かに躓いた時…

 

「ダメな私はやっぱり何をやってもダメなんだ」

「うまくいかないのは、ダメな私だから」

 

とかってに脳内で「ダメな私」と良くない出来事を結び付けてしまうのです。

 

 

 

 

 

「仕事がうまくいかないのも、私がダメなせい」

「運が悪いのも私がダメなせい」

 

そうなると、どんどん「ダメな私」の偽の証拠がどんどんあなたの中で膨らんでいき、自分が前よりもダメに思えてきてしまう。

 

 

これが負のループです。

こうなると抜け出すのは相当大変に。

 

抜け出せないことはないですが、あなたを必要以上に気づ付けない為にもまずは陥らないようにしましょう!

 

 

【ダメな私=できる私】

 

に書き換えてみてください。

 

 

何かがうまくいかなくても、「できる私だから、きっとうまくいくはず!」

仕事に失敗しても、「失敗しても大丈夫!失敗から学ぶできる私は、次は成功する!」

 

 

 

 

実際に心がくじけそうでも、ポジティブに考え口に出すことが重要です。

 

これには『アファメーション』という自己肯定の宣言も効果的ですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

 

 

◇ 一人ひとりに合った「出来る私」というイメージを

 

こういったネガティブな思い込みは、人それぞれにあるものです。

人とは違うので、周りから見るとなんでもない事だったりしますよね。

しかし、その人の感情や背景などその人を囚えるものはその人にしかわかりません。

 

 

自分で克服が難しいなら、ぜひハナハル先生にご相談を!

 

ハナハル先生はリフレーミング(囚える枠組みを外すこと)で、『ダメな私』を『できる私』に変えていってくださいます。

 

 

 

 

あなたの世界がポジティブなものになり、自分の事が大好きな人生を歩めるようにサポートしてくださいますよ。

きっと、辛い気持ちのお力になってくださるはずです。

 

 

悩まれたら、お電話を。。。

皆さまからのご相談、心よりお待ちしております。