ありのままの自分が分からない!そう悩むあなたへ

香湊先生 2019/06/28up

 

「 ありのまま 」

 

近年、”ありのままでいること”が「最も素晴らしい、美しい」と言われるようになりました。

ありのままのあなたは唯一無二であり、かけがえのない存在。

社会の価値観や他人の目などを気にすることなく、自分の心のままにのびのびと生きることが最も正しい。

そういう風潮が世の中で支持される時代です。

 

 

 

 

しかし、その陰で…

「ありのままの自分が、わからない…」

そう悩んでしまう人も大勢いらっしゃいます。

 

 

そこで今回、香湊先生【ありのままの自分がわからない!】というお悩みに付いてお話しいただきました!

 

 

 

 

◇ 「ありのままの自分」って、なに?

 

いま世間で流行っている【引き寄せの法則】

これも、”ありのままの自分でいること”が基本となっており、

”無理をせず自然体のあなたが考え・望むことが、高次の次元や宇宙と繋がり、潜在意識と結びつくことで、現行動や言動が変わる”

という法則です。

 

 

そうです。今ではいつでも、”ありのまま”や”あなたらしさ”が求められる時代なのです。

しかし、”ありのままの自分”がわからない人にとって、

「ありのままのあなたでいいよ」

と言われることほど、怖いものはありません。

 

そんな分からないことを、さも当たり前のように強要されると、なんだか言い知れぬ強い不安に襲われますよね。

では、”ありのままの自分”とはいったいどういうことなのでしょうか?

 

 

 

 

香湊先生は、

 

「他人を愛することが、自分を愛していないとできないように、”ありのままの自分でいる”というのも、ありのままの自分を理解し受け入れないとできることではないのです。

なのでまずは、ありのままの自分を理解することから始めなければなりません。

”ありのままの自分がわからない”とお悩みの方々の多くは、”自分と他人との軸がわからなくなっている”という方が実に多いです。」

 

とおっしゃっていました。

 

 

どういうことか簡単に説明しますね!

 

例えば週末、あなたが友人と二人で旅行に行くことになったとします。

その時、友人に

「どこに行きたい?」

と聞かれたら、あなたはどう答えているでしょうか?

 

ここで素直に”自分の行きたいところ”を言える人は、自分の軸で考えています。

例え友人と行きたいところが違っても、ある程度合わせたり、楽しみを見出して旅行先を決めれるでしょう。

 

 

 

 

しかしここで、”友人は海が好きだし、海に行きたいって言おう”と考える人は、もしかしたら他人軸になってしまっているかもしれません。

もちろん、”今は丁度行きたいところが思い浮かばない”などの場合や友人によって合わせないといけない場合は別です。

 

しかし何の抵抗もなく、自然に相手の意思を汲み取り、自分の意見にしてしまっているなら、注意が必要かもしれません。

 

なぜならそれは、自分の軸で「どうしたいか、どう思うか」と考える機会を持てていないからです。

それを繰り返していくと、どんどん自分を理解することが難しくなっていきます。

 

 

 

 

◇ 感情との付き合い方

 

ここで勘のいい方は、

「じゃあ、感じたままの感情を表に出せばいいってこと?」

と思う人もいるかもしれません。

 

”素直な自分を表に出せ”というのは、理屈で言うとそう捉えることもできるからです。

 

 

 

 

しかし、感情のまま振舞うという事は、

怒ったら怒鳴って、イラっとしたら不機嫌になって、悲しかったらわめき散らす…

なんてことになりますよね。

 

しかし、そういう事では断じてありません。

 

 

なぜかというと、”感情を出す”というのと”感情を相手にぶつける”というのは、全く別物だからです。

 

 

感情というのは、自分の望みに対して生まれてくるものです。

望みが叶ったらうれしい、叶わなければ悲しい、不満を感じる…これは全て望みがあるからこそですね。

しかしこれを相手に”ぶつける”というのは、”相手にどうにかしてもらいたい”という気持ちの表れです。

 

つまり、望みをかなえるために相手を求め、最悪の場合依存するという形になるのです。

 

また、「あーあ、これができなかったのは誰々のせい」と考えてしまうのも、そのせい。

先ほど言った”他人軸”での生き方になっていると、自分で消化しきれなかった感情や欲求を他人ありきで考えてしまうのです。

 

 

 

では、”感情を出す”という事はどういうことなのでしょうか?

 

それは、”感情の意味を知り、自分を理解すること”なのです。

 

 

「私は今、嬉しい」それが出せるのは、”なぜ自分が嬉しい気持ちでいられるかわかっている”からです。

「悲しい、イライラする」その感情を受け止められるのは、次に自分は何をすべきなのかわかっているからなのです。

これが”感情を出す”という事、つまり自分を理解していることになるのです。

 

 

 

 

◇ 「こうなりたい」があってこそ

 

という事は、やはり”自分の望み”を知ることが、ありのままの自分でいる為には欠かせなわけですね。

 

しかしここでも、「自分の望みが分からない」という人もいるでしょう。

そんな人は「本来こうありたい」というイメージをしてみてください。

 

”いつも前向きで、楽しい人でありたい”

”まわりに振り回されず、落ち着いて穏やかでありたい”

”いつでも新しい事に取り組み、挑戦を忘れずにいたい”

 

などなど、どんなことでも構いません。

 

「本来の自分は、こうでありたい」

というイメージを作ることが大切です。

 

 

 

 

その願いに対して、あらゆる面であなたがどう感じるか、どう思うか、それを感じて知っていくことが”自分を知る”という事に繋がります。

 

それができた時、私達は”ありのままの自分”に出会い受け入れることができるのです。

 

まずは、無理に今の自分にありのままを見つけようとしない事です。

理想を持って、そのイメージに向かって努力していきましょう!

 

そうすることで、次第に自分を理解することができるでしょう。

 

 

 

 

 

◇ ありのままの自分が引き寄せる物

 

香湊先生は、

「理想に向かって努力する、そのキレイで無垢な力が自分に向くことで、望みが叶っていくんです。」

とおっしゃいました。

 

 

 

 

まさしくこれが、本当の【引き寄せの法則の心理】なのではないでしょうか?

その力があなたを動かし、現実を動かし、理想を引き寄せるのでしょう!

 

 

 

いかがでしょうか?

 

中には「理想の自分すらわからない…」という人もいらっしゃるそうです。

 

 

そんな場合は、幼少期や過去に”メンタルブロック”が働いてしまっているかもしれないとの事です。

メンタルブロックとは、過去の辛い体験やトラウマ、傷ついた記憶に蓋をしてしまっている状態です。

 

そうなると、自分について考えたり、思い出したりすることが苦痛になってきてしまいます。

これを解決するには、ゆっくりとその過去を1つずつ解いたり、解決しなければなりません。

 

その為、専門家やメンタルクリニックなどの機関を利用する必要があるでしょう。

 

 

 

 

このように、一度自分を見つめ直し自分にはどういった方法が適切かを見てみるのも大切です。

まずは、一度人に相談してみましょう!

 

エルーザでは、香湊先生の鑑定がおすすめです。

あなたの心に寄り添い、無理なく解決法を探ってくださる香湊先生なら、しっかりとあなたの気持ちに答えてくださるでしょう!

 

 

一人で悩まずご相談を☆彡

 

皆様からのお電話、心よりお待ちしております。。。