脱、八方美人のススメ!

ココア先生 2019/03/08up

こんにちは ココアです

 

皆さまお元気ですか?

 

今日のお題は「八方美人」です!

 

 

 

皆さん、八方美人ってどんな意味かお判りでしょうか?

 

あっちの人にもこっちの人にも調子のいいことを言って、言動に一貫性の無い人を指して使われます

 

時々お客様から、自分には主体性が無くて八方美人になってしまうというご相談を受けることがあります

 

嫌われるのが怖くてついつい誰にでもいい顔をしてしまうという状況ですね

 

その結果、頼まれごとにイヤと言えず休日が潰れたり、行きたくもないお付き合いに参加することになったり、残業を押し付けられたりして疲れてしまうとのこと

 

そして、それだけ嫌われないように周りに頑張って合わせた結果、人から好かれて大事にされるのならいいんです

が、、都合のいい人としてのポジションに落ち着いてしまい、結局その後も気を使い続ける…

 

それってしんどいですよね (ノД`)・゜・。

 

 

皆さんは如何ですか?

 

程度問題ではあるけれど、だれしも八方美人で嫌われるのが怖いという要素はありますよね

 

でも、しんどくなるほど無理をしてしまう人もいれば、全くそうではない人もいますよね

 

言いたい放題わがままを言ってもそれなりに周りから受け入れられてる人もいます

 

この違いは何なのでしょうか?

 

私が思うに、無理に周りに合わせなくても愛されてる人は「自然体」です

 

人は人、自分は自分という感覚があるんですね

 

 

逆に八方美人で苦労される人は、そう考える事が出来ないので、後のネガティブな事を考えてしまうんですね

 

 

例えば、頼まれごとを断るときに、「役に立てなくてごめんね」と思うのは普通のことですが、断るのが苦手な人はその後に心の中で…

 

「断ったことをどう思われただろ?」

 

「自分のことしか考えてない人だと思われたらどうしよう」

 

「やっぱり疲れてたから断るって自分勝手だったかなぁ」

 

「勝手人間だって思われて明日から冷たくされるんじゃないかな」

 

「こんな不安な思いをするくらいなら引き受けておけば

良かった・・・いや、でも早く帰りたかったし・・・」

 

「大体、あんな時間に仕事を持ってくる方が悪い」

「あの人は普段からギリギリに仕事を持ってくるし・・・」

 

などなど、断った後で不安になって自分を責めたり相手を責めたりしてしまうんです

 

 

どうでしょう?

内容は違えど覚えがありませんか?

こんな思考の流れ(笑)

 

私に昔はこんな思考に陥ってました(;^ω^)

 

ぐるぐるぐるぐる考えてしんどくなって、私って

ダメだなぁ・・・・

なんて落ち込んでみたり

 

その結果、嫌な思いを避けたくて、嫌われる

不安要素を減らしたくてますます八方美人になっていく

 

もしこんなパターンに覚えがあるぞっ!

そのまま私だよっ!!

って人がおられたら、是非とも「断ったあとの思考」を変えるようにしてみてください

 

後悔したり自分を責めたり、相手に責任転嫁することで、あなたにとっての世界はどんどん恐ろしい場所になっていきます

 

自分が疲れていたから残業を断ったのなら、それでイイのです

 

きちんと自分を大切にするための言動が出来たことで、自分を褒めて、その機会を作ってくれた相手に感謝してその出来事をプラスの記憶として終了させましょう(*^-^*)

 

 

 

自分の言葉を発していくことでそのうち周りも、あの人は自分の意見を言う人なんだ!

と認識し、そんなあなたに慣れていきます

 

自分の八方美人なところをしんどく感じている人

参考にしてみてくださいね~ (^^)/